ローソンの悪魔のおにぎり2種の感想

スポンサーリンク

どうも1週間ぶりです。ハルです

今週も何も変わりなく。黙々と積みゲーを消化してたよ。
Twitterでは深夜に大騒ぎしてたけど「ケロブラスター」っていう横スクロールシューティングアクションゲームを裏面含め全ステージクリアした。

全ての武器をカンストさせて、体力もMAXまで強化した上にやられてもその場で復活出来る復活薬、ダメージを1回無効にするアーマーなど、最強装備に身を固めてクリアしたよ。

このブログの常連さんは、薄々気づいてるかもしれないけど、僕は「無類のゲーム好き」で「20年間様々なジャンルに手を出すマルチゲーマー」だけど、「ゲームスキルは大したことない」のだ。

だからRPGとかのゲームでは必ずレベル上げするし、シューティングではテキのパターン全部覚えるまで心ゆくまで負けまくる。勝てない。

でも、負け惜しみじゃなくて本当に悔しさはない。
むしろ、ゲームの醍醐味であるトライアンドエラーをゲームがうまい人より多く楽しめてる分、ゲームを人以上に満喫してるくらいだと思う。

はい、この辺で雑談トーク終わり。
記事本編のレビューをサクサクやろう。

----------

今回食べたのはローソンの人気商品「悪魔のおにぎり」と悪魔のおにぎりシリーズの新商品、「悪魔のおにぎり(四川風担々麺味)」の2種。

「悪魔のおにぎり」はTwitterでもバズった、天つゆ、天かす、青のりなどを混ぜたご飯を握ったおにぎりで、おにぎりでは稀に見る爆発的なヒットを記録した人気商品だ。

例に漏れず僕も好きで、ツナマヨかこれかで割といつも悩む。

その「悪魔のおにぎり」が今回リニューアルしたとの事で、たまらず買ってきたというわけだ。
今回のリニューアルでは
「かつお節が追加され、病みつき度がアップ!」
したとのこと。

試しに食べた感想は…。

「悪魔のおにぎり」

全体的に味が調整されたのか、濃くて天かすで油っこいジャンクフードのような味わいから、
あっさりとして、かつお節が香る、和風おにぎりでありながら、天かすが効いた食べやすい味わいに調整されているような気がした。

なんて言うか……。
いや、美味しいよ?多分これからも買うよ??
でも。。。「コレジャナイ感」が強いなあ。

マイナーチェンジって言うのかな。
大衆化してしまった感がある。
でも、これで若者層や油っこいジャンクフード大好きな層だけでなく、様々な世代に売れてくれればいいな、とは思う。

いっその事商品名も変えたら??「悪魔」とかマイナスイメージあるし、悪魔的な病みつき商品っていう感じからは遠ざかって、みんなにウケる無難な商品に近づいてるし。

悪魔のおにぎり:総評 85点 (以前は95点)

----------

悪魔のおにぎり(四川風担々麺味)

ビリビリっと痺れる辛味!食べ応えのある肉!!塩気が強くバクバク食べれる美味さ!!まさに悪魔のおにぎり!!!素晴らしい!!

今季のジャンクフード枠はこいつで決まりかな??
ただし、140円っていう割高なお値段が購入を少し躊躇わせる。Lチキや、からあげクンとかの、割高惣菜と枠を争う感じだろうか??
また、おにぎり100円セールが来たらこいつが必ずカート入りするのは間違いない。

総評:75点(味のみなら90点だが、価格を加味した)

以上!!

久しぶりに商品の感想、というかレビューをした気がする。

あと、少しフォーマットがいつもと違うのは、スマホからの編集で、レイアウト調整が出来なかったから。

ご愛嬌ということで許してほしい。

ではでは今回はこの辺で。

もし良ければ下の、「拍手」ボタンから拍手をいただけると嬉しいです。
コメントも随時お待ちしております。

それではまた来週!!

↓しょうもないことばっかつぶやくツイ垢↓

スポンサーリンク_その2