カードがお金になるTCG・クリプトスペルズで112枚カード引いてみた!!

スポンサーリンク

どうもどうも。
めちゃくちゃ久しぶりな気がするなぁ。ハルです。

いや、気がするなぁ、じゃないよ。
まずは、楽しみに待ってた人たちに謝らなきゃな。

本当にすみません!!ゲームが楽しすぎて時間はあったのに、
まったくブログ書く気が起こりませんでした!!
今週からは短文でもちゃんと週刊で更新します!!!

以上!

あとは、いろんなゲームを並行して進めてるから
一個一個の内容を記事にしにくいってのもあるかな。

今回も例によって休日はゲーム三昧であっという間に終わっちゃったから
書くことも少ないんだけど。

今回は、クリスペ「採掘」112連続の結果を記事にしてみたよ。

まあ、別ゲーでいうところの112連ガチャみたいなもの。

本題に入る前に、すこしだけクリスペの説明を入れておこうかな。

~ クリスペ(CryptoS pells)とは? ~

ブロックチェーン技術という少し難しい技術を用いて作られた、
デジタルトレーディングカードゲーム。

デジタルカードゲームのルールは超大手デジタルカードゲームの「ハースストーン」
それを日本企業がパク。。。リスペクトして作られた「シャドウバース」
「ドラゴンクエストライバルズ」などが有名で、
基本的にはそれらのルールとよく似たゲームシステムとなっている。

あまりに有名だし、ルールの説明は今回は省くけど
他のゲームにはない、ある特徴が存在する。

それは、
「ゲームのアカウント、アイテムの所有権はプレイヤーが持つ」
ということ。

「そんなの当たり前じゃないか、どのゲームだって同じだよ。」
とか思うかもしれないけど、それは違う。
ソシャゲとかのゲームのアイテムの所有権は「運営」にあって、
プレイヤーはそれを受け取って「使わせてもらっている」だけなんだ。

それを証拠に、ゲームのアイテムはサービスが終了したら、
使うことも、そのアイテムのデータにアクセスすることもできない。

しかし、クリスペは「トークン」という形で
個人の「仮想通貨ウォレット(仮想通貨の口座みたいなもの)」
に送ることができるから、手に入れたアイテムはいつまでも手元に残る。

それだけじゃない。
ゲームのアイテムを他人と交換したり、
仮想通貨や現金に変えることができる。

つまり、

「ゲームで得たアイテムを売ってお金を稼げる」

ということ。

他にも語りたいことはいろいろあるけど、長くなりそうだからこの辺で。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前置きはこの辺で、本題に入ろう。

今回僕が112回分もチケットをため込んだのは、
採掘チケットを100枚以上持っているともらえる、「我慢小僧」
という称号が欲しかったからなんだけど、

せっかくだから採掘結果を貼ろうかな、と思ってね。

あ、ブロンズ、っていうまあ、ノーマルカードみたいな立ち位置のカードは
引いても紹介を省いてるよ。

売っても一枚 0.6円 くらいの価値の低いカードだし、採掘して出てくるのは
ほとんどこのレアリティのカードだからね。

では採掘前画像。

(01.png)
01.jpg

続いて1枚目のシルバー!!!

(02.png)
02.jpg

これは緑のフィニッシャー、切り札的なカードだね。
体力が10もあるのに攻撃力も5。
おまけに召喚したターンにすぐ動ける「速攻」効果で攻めにも強く、
「前衛」効果でこのカードを倒さないとプレイヤーを攻撃できないから、
守りにも強い。
マナが大量に必要で、序盤に引くと少し邪魔だけど、強力なカードだ。

気になるお値段は・・・!

0.024ETH ≒ 536円!!(買うと781円)

続いて2枚目のシルバー!!

(03.png)
03.jpg

これはなかなかトリッキーなカードで、
体力6 攻撃1 という1マナとしては異常な高スペックを持つ代わりに、
召喚すると相手が3枚ドローしてしまうという厳しいマイナス効果を持つカード。
出たばかりのころは役に立たないハズレカード呼ばわりされていたけど、

手札が上限の9枚を超えた場合、墓地に送られる、というルールを利用して、
「このカードを二枚連続で召喚して 相手の手札上限以上ドローさせてデッキを破壊する」
という戦法が考案されて一気に値上がりしたカード。
いまではそれなり、というか他のシルバーより少し高い位のお値段だね。

気になるお値段は・・・!

0.03ETH ≒ 670円!!(買うと938円)

そして3枚目!!

(04.png)
04.jpg

こいつは見ての通り、って感じのカードだね。
横に細かいユニットを広げてくるこざかしい敵を一網打尽にできる良カード。
赤文明は単体に対してダメージを与えるスペルがほとんどだから、
このカードは非常にありがたい。

お値段も同じ位の出現率の別カードの中でも群を抜いて高い。

気になるお値段は・・・!

0.039ETH ≒ 871円!!(買うと1094円)

(05.png)
05.jpg

以上!!!

今回引いたカードは

・ 天空の守護竜 ガルデア
 
・ ハンプティ・ダンプティ

・ 灼煉の魔神 イフリート

シルバー出現率は 3 / 112 *100 = 2.6785…

≒ 2.68[%]!!

結構いい出現率だね。

カードの合計金額は 円換算にして 約 2077円 !!

いやー、儲かった。

次回もこのくらい当たるといいな。

では今回はこの辺で。

あと、下の方に注意事項や補足があるので、この記事を参考にする方は読んでください。

もしこの記事が役に立ったな、面白かったな。
と思ってくれたら、下の拍手ボタンからぽちっと!!
拍手お待ちしてます!!

あと、コメントも大募集中です!!!

投げ銭・投げETHはこのクリスペ用に使ってるETHアドレスに送ってくれると飛び跳ねて喜びます。
そして速攻クリスペに投入します。

0x5026dAE43C6c60CECF888199cB521F095F274d96

読んでくれてありがとうございました!!!

※ 補足・注意事項 ※

当ブログ記載のETH、カード価格の情報は執筆時点(2019/09/24 2:38)
のもので、レート日々変動しています。
カードを売買するときは常に最新の情報を参考にしましょう。

ここでのカードの価値の基準は、
クリスペの非公式カードショップ、「イーサマーケット」さん
のデータを参考にさせていただきました。

実際には欲しがっている人と直接取引すればもう少し高く売れると思います。
また、逆もしかりで、直接取引ができれば、ショップで買うよりやすく買うことも可能です。
ただし、直接取引はトラブルなども起こりやすいのでそこは自己責任で。

カードの出現率は確率なので僕と同じ回数引いたからと言って、
必ず同じくらいのものが出るとは限りません。
また、「頑張った(やりこんでいる?)プレイヤー」はレアカードが出やすいらしいので、
シルバーカードを13枚持っていて、
プレイヤーレベルは700を超えていて、
称号を12個持っている僕は、
他の人よりレアカードを引きやすい可能性があります。

ゲーム自体は無料でできるし、課金しなくても戦えるデッキは組めるけど、
課金する場合は自己責任で!!もしクリスペが終了して、
手元にカードだけが残って、だれも買ってくれないただの思い出になっても
僕は責任取れないし取らないからね!!!!

というか、このブログ自体全部ぼく個人の感想、意見だから何かするときは全部自己責任でね!
当たり前だけど、お金が絡むと後が怖いからはっきり書いておくよ!!!

※※※※※※※※※※※※※※※※※

おわり

↓しょうもないことばっかつぶやくツイ垢↓

スポンサーリンク_その2

ゲーム

Posted by hlkyn